クレンジングのおすすめのものを口コミやランキング形式などでご紹介!

クレンジング美人

洗浄力はピカイチ!クレンジングオイル

更新日:

メイク落とし大御所!クレンジングオイル!

私もよく使っているクレンジングオイル。

特徴は何といってもしっかり・バッチリメイクが落ちやすいところ。

肌なじみがよくて汚れがぐんぐん落ちますよね。

ウォータープルーフのマスカラもみるみるうちに

落ちてしまいます。

 

でも気になるのはマスカラも落ちるからと言ってゴシゴシこすってしますこと!

そしてメイク落としの力が強いからこそ肌のダメージは相当であること。

クレンジングオイルはクレンジングの成分分析!

でも勉強したように界面活性剤がほかのクレンジング剤よりも多く含まれているんですね。

また、クレンジングオイルのメインの成分であるオイルの質によって

値段が変わってきます。

一般的に手に入りやすい安価なものはミネラルオイル(鉱油)やジメチコン(シリコーン油)です。

りすくん
合成界面活性剤だって石油由来なのにミネラルオイルも石油だなんて

石油まみれやないかーい!

momo
ジメチコンってよくヘアトリートメントに入ってて髪の手触りを

よくするやつだよね。シリコンかぁ。なんかちょっと嫌なイメージ。

そうですね。石油やシリコンを顔に塗るなんてとびっくりされたかと思うのですが

昔と違い、安いクレンジングにも品質的には高いものが配合されています。

高い化粧品にも配合されていたりするんですよ。

ただこれらのオイルは脱脂力が強く、皮膚に残りやすいため

乾燥や肌荒れを起こす可能性がかなり高いです。

※正確に言うと肌に残ったシリコンと皮脂が酸化してトラブルが起きやすくなります

いくらその後のスキンケアを頑張っても元々のスキンケアが

お肌に影響を与えないような肌には浸透しづらいです。

なので成分が気になる方は多少高額でも天然の成分から作られたオイルの

クレンジングオイルを使用した方が良さそうですね。

momo
もしくはポイントメイク専用のものでマスカラやリップは

落としておいて、他はオイルで素早く落とした方が肌には良さそうだね

肌のことを考えればmomoのいうとおり、ポイントメイクは専用リムーバーで落として

お肌の汚れはさっと落とすほうが肌に負担がかからず、また肌の汚れを長時間肌に乗せないので重要です。

また、洗い流す際はしっかり乳化させて落とし、そのあとW洗顔としてせっけんで

再度洗い流すことをお勧めします。

こう考えると、肌がある程度強かったり、オイリー肌のため落ちにくいメイクをしている人向けの

クレンジングかなと思います。

-クレンジングの種類

Copyright© クレンジング美人 , 2017 All Rights Reserved.